お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (平日10:00-21:00) post@business.pa-i.org
あと10日しかなくても ―― きもと特急電子設計

 

(2016/01/31)展示会に出展します(2/3-5 横浜)
(2015/07/07)展示会(川崎)に出展します

お問い合わせ

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (平日 10:00 - 21:00 打ち合わせのため留守電になることがあります。そのときは、折り返せるよう、一言お願いします)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org
  • お問い合わせフォーム

名刺に記載の連絡先もご利用いただけます。


   

あと10日しかなくても

マイコン・電子回路の試作・設計を1週間から ━━━━

きもと特急電子設計では、主にPICマイコンを使った電子回路の試作・設計をおこなっています。

「木元さんは工期が短いと思っています。」(福岡県 ネットワークコンサルティング会社 社員数2名) ━━━━

きもと特急電子設計は、あと1週間しかなくてもご相談いただけます。早くすることでお客様の心配とリスクを小さくします。

早い理由は、個人でやっているからです。図面を引くのも半田付けをするのもプログラムを作るのも請求書を書くのも、すべて私です。打ち合わせてすぐに設計し、試作品を作ってお客様に見ていただくことができます。何人もの人が会議をしたり、手が空くのを待ったりしないので、早くなります。もちろん作る本人が打ち合わせをしますから、何でも質問していただけます。

具体的に何日でできるかは、案件によります。基本は1〜3週間ですが、結果を見ていただいてから修正をする場合は4週間以上になることもあります。今までで最短ですと、3日というのもあります。

もう間に合わないと思っても、あきらめないでください。急ぎの場合はお電話いただければ、大体の見積もりをお答えできます。

「予算がなくバーター取り引きに魅力があった。」(神奈川県 システム開発会社 社員数92名) ━━━━

きもと特急電子設計では、予算がない場合のために、初回のみバーター取引を利用することができます。

バーター取引では、費用を値引きした分、別のものでお支払いいただきます。具体的には、値引きするかわりにお客様を紹介していただいた例があります。値引きするかわりにお客様の商品を安く提供していただいたこともあります。あくまでお客様の出費にならないよう、どんなサービスなら無理なく提供でき、こちらも納得できるかを話し合って決めます。これも、個人でやっているからこそ可能な方法です。

なぜバーター取引をやっているかというと、お客様の持っているものの方が現金よりも価値があるということがあるためです。今までにいろいろなお客様に喜んでいただけたというのも理由です。

予算が厳しいときこそ、値引き交渉に時間を使うのではなく、お互いに納得できる取引を考えられる人をお選びください。

「スキルがある程度予測できた。そして、期待通りでした。」(大阪府 経営コンサルティング会社 社員数10名) ━━━━

私の主なスキルは、電子回路の設計・製作と、プログラムの作成です。どちらも10000時間以上の経験があります。

たとえば、パソコンからいろいろな装置を動かしたいという案件がありました。この装置は工場のあちこちにあるので、配線のいらない無線を使いたいという要望でした。そこで、まずパソコンのLAN(ネットワーク)につながる親機を用意しました。そして、それぞれの装置につける子機を用意し、親機と無線で通信します。広い工場なので、親機を何台も置いて無線の死角をなくせるようにしました。

この案件ではLAN、無線、装置との通信といったスキルを使いました。私の場合は基礎ができていますので、いろいろな問題に対応することができます。たとえば装置とインターネットの連携なども納入実績があります。

もし他社でできない案件で困っていましたら、お電話いただければ、できるできないを即答いたします。

「製作仕様について、形式的な仕様書の要求がなく、簡単な資料とヒヤリングによって確認いただけた。(外部依託が不慣れな当社にとって大きなポイントであった)」(岐阜県 福祉機器開発会社 社員数43名) ━━━━

詳細な仕様書などは必要ありません。こちらがわかれば十分なので電話口での説明でも大丈夫です。具体例をと理由をご説明します。

この案件は、マイコン用のソフトウェアライブラリの開発でした。詳細な仕様書をいただくかわりに、プロジェクトのゴールに必要と思われる機能と豊富なサンプルをご用意し、喜んでいただけました。また別の案件では、これは専門知識のある方だったのですが、急ぎでしたので電話口で説明いただきました。こちらでご確認のメールを書き、すぐ作ってそのまま納品しました。

私はお客様にリスクを負わせてはいけないと考えていますので、やり直しに大きなコストがかかるような場合を除いて、仕様書などは重視していません。それだけでなく、万一、問題があった場合には無償で作り直しをしています。

仕様書や設計図の作成に、お客様の貴重な時間を費やしていただく必要はありません。お困りのとき、ぜひご相談ください。


扱える技術・実績はこちらです。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (平日10:00-18:00) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2015