お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (平日10:00-21:00) post@business.pa-i.org
あと10日しかなくても ―― きもと特急電子設計

 

Q&A : 一覧

お問い合わせ

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (平日 10:00 - 21:00 打ち合わせのため留守電になることがあります。そのときは、折り返せるよう、一言お願いします)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org
  • お問い合わせフォーム

名刺に記載の連絡先もご利用いただけます。


   

どういうときに設計費は高く(安く)なりますか ━━━━

設計費は作業量に比例しますが、特に大きいのが「手戻り」つまりやり直しのリスクです。以下の例は、下のものほどリスクが大きくなります。

  • 例えばLEDの明るさを変える制御の場合、作り直しのリスクはほぼゼロです。
  • モータで位置決めをする場合、実物に合わせて修正が発生する可能性があります。
  • センサーで微弱な信号を測定する場合、もしノイズが多ければ修正では済まず、別の設計を試さないといけないかも知れません。
  • それを電池で長時間動かすとなると、精度と消費電力のバランスによって設計を変えなくてはなりません。

私は、作り直しすべきなのに予算がない、というケースをいくつも見てきました。そこで、お客様が本当に必要なものを手にいれられるよう、本当に必要な作り直しは無料とし、そのリスク分をお見積もりに反映しています。

もちろん、安くできる方法があるときはお見積もりのときにご提案しています。安心してご注文ください。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (平日10:00-18:00) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2016