お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります)
ハード・ソフト・ウェブシステム開発(試作〜小ロット)が得意な、独立10年、経験35年の個人エンジニア。きもと特急電子設計。

 

こんなデモ機を作ります

お問い合わせ(無料相談)

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります。移動・打ち合わせで留守電になることがありますので、折り返せるよう、ご伝言いただけると助かります。)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org

お困りのことがありましたら、ぜひ一度お電話ください。無料相談をご利用いただくと、これだけのメリットがあります。

  • ご相談いただいた方に『今月のご相談事例集(非売品、無料)』をお届けします。なお、ご相談内容の詳細はわからないように改変していますので、ご了承ください。
  • 大体の費用と納期をその場で口頭で回答します。
  • お客様のプロジェクトで、よく注意した方がいい点があれば、それをご説明します。これにより、プロジェクトの落とし穴を避けることができます。
  • もし木元がお客様の立場だったら、どんな選択肢を考えるかをお話します。たとえ予算も納期もなくても、切り抜ける手があればご説明します。
  • 遠方の方でも、実績は多数ありますので、安心してご相談ください。
  • もちろん無料相談だけでも構いません。
  • 自分で言うのは恥ずかしいのですが、これまでのお客様には「すごくアイディアを出してくれる」「親身になって相談していただける」「多方面からの知見をくれる」といった評価をいただいています。トップページにあるお客様インタビューのPDFをご覧ください。

ご相談は、メール等でも構いませんが、やはり電話(フリーダイヤル)がスムースです。お客様にリスクはありませんので、ぜひ今すぐお電話ください。


   

実績(受託案件) ━━━━

詳細が書けないため、日付には納期を0日として表記しています。また、意図的に誤差を入れてあります。あらかじめご了承ください。

入力システム開発案件

納品物お見積もりスケジュール
実装・テスト済み基板
製造データ
約100万円-45日: 相談
-43日: 発注
-39日: 試作納品
-16日: 仕様確定
-0日: 納品

すでに動いているシステムにつなぐ、入力支援の端末の開発を依頼されました。

通信まわりがあるため、最初に試作の基板を作って納品し、通信テストをお願いしました。複数のシリアル入力があり、タイミング問題が考えられるためです。

動作を確認したあと、専用基板を製造して、必要数を納品しました。全部テストするために、専用のテスト機材も開発しています。

ソフトウェア開発案件

納品物お見積もりスケジュール
ソフトウェア約100万円-6日: 相談
-3日: 発注
-0日: 納品

海外のプロセッサを使用した機器の、ソフトウェア部分を開発を依頼されました。納期が最優先とのことでした。

英語のドキュメントに従って、独自のプログラミング言語を使って開発する形になりました。機能としては、ネットワーク通信やICカード通信、LCD制御がありました。

無線システム開発案件

納品物お見積もりスケジュール
実装・テスト済み基板約100万円-66日: 相談
-36日: 発注
-23日: 打ち合わせ
-15日: 仕様確定
-0日: 納品

このシステムは、無線を使った機器制御です。ある機器の制御部分を置き換え、さらに無線でコントロールできるようにするというものです。

無線モジュールのテストが必要でしたが、特に問題なく動かすことができました。機器の中に埋め込まれてしまい、あとからアクセスしにくいため、無線モジュールの自動コンフィギュレーションや、外部からのID割り当てなどによって保守性を改善しています。

画像認識システム開発案件

納品物スケジュール
ソフトウェア-41日: 相談
-38日: テスト版納品
-0日: 納品

このシステムは携帯電話上で動作する、画像認識システムです。言語はJavaです。

テスト版はPCで動作するwebアプリケーションで、動作確認に使用しました。携帯電話のアプリを書くのははじめてだったのですが、無事に動作させることができました。

制御システム開発案件

納品物スケジュール
実装・テスト済み基板-3日: 相談・発注
-0日: 納品

このシステムは、電源を指定した間隔でオン/オフしたいという要望でした。具体的な間隔は数時間ですが、あとから変更できる必要があります。また、電池で最低1週間動く必要がありました。必要なのは1つだけで、納期が最優先でした。

問題となるのは設定方法です。このシステムでは、2つのデジタルスイッチを使用し、それぞれがオンとオフの時間を設定するようにしました。

また、いくつかの工夫で、コイン電池で1年近く持つようにしました。

余談ですが、数時間間隔で動作するシステムは、テストにもそれだけ時間がかかります。半分以上の時間がテストに費やされました。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2018