お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (平日10:00-21:00) post@business.pa-i.org
あと10日しかなくても ―― きもと特急電子設計

 

扱える技術・実績 : 一覧

お問い合わせ

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (平日 10:00 - 21:00 打ち合わせのため留守電になることがあります。そのときは、折り返せるよう、一言お願いします)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org
  • お問い合わせフォーム

名刺に記載の連絡先もご利用いただけます。


   

主な案件と、納品までの流れ ━━━━

案件の詳細は、お客様の機密なので書けないのですが、いくつかの案件の流れをご紹介します。

ハードウェア設計、無線通信 (実働約12日)

ある装置の信号を、別の装置に伝えるという案件です。送信機と受信機を開発しました。

[お客様の装置]n[#ff8マイコン]n[#aff無線モジュール]{s}#00fe[#aff無線モジュール]{#00fw}s[#ff8マイコン]{n}s[お客様の装置]
  1. 電話でご相談いただき、会って打合せをしました。口頭で大体のお見積もりを伝えました。
  2. メールで、正式なお見積もりを出し、受注しました。
  3. こちらで、手作りの基板で試作品を作りました。
  4. こちらでソフトウェアを開発しました。
  5. こちらで試作品の動作を確認しました。
  6. こちらで基板を設計し、発注しました。
  7. こちらで基板に部品を取り付けました。
  8. こちらで動作を確認しました。
  9. 部品を取り付けた基板8枚を、宅配便で納めました。

ハードウェア設計、電源制御、省電力 (実働約3日)

電池で何ヶ月も動作する機器です。マイコンの省電力の技術を使っています。

[#8f8設定スイッチ]e[#ff8マイコン]{#fffs[電池]n}e[お客様の機器]
  1. 電話でご相談をいただきました。1台を急ぎでということでした。
  2. 製作する内容をこちらでメールに書いて、確認をいただきました。
  3. こちらで基板を手作りしました。
  4. こちらで動作の確認をおこないました。
  5. お会いして、手作りの基板1枚を納め、その場で動作確認していただきました。

ハードウェア設計、通信プロトコル (実働約10日)

お客様がお持ちの装置に、パソコンを接続するための機器です。ただデータを受け渡すだけでなく、データの追加をおこないます。

[#8f8入力装置]{se}#fffs[お客様の装置1]{e}#fffs[お客様の装置2]ne[#ff8マイコン]{n[#8f8表示装置]}e[パソコン]
  1. メールでご相談いただき、会って打合せしました。口頭で、大体のお見積もりを伝えました。
  2. 装置から送られてくるデータの形式を、メールでいただきました。
  3. メールで、正式なお見積もりを出し、受注しました。
  4. こちらで、動作確認のための基板を手作りし、宅配便で送りました。
  5. 動作を確認していただきました。
  6. 動作しているところをどう表示するか、電話とメールで打合せました。
  7. こちらで基板を設計し、発注しました。
  8. こちらで基板に部品を半田付けしました。
  9. こちらでソフトウェアを開発しました。
  10. こちらで動作確認をおこないました。
  11. 部品を取り付けた基板11枚を、宅配便で納めました。

海外製プロセッサ、ネットワーク通信、非接触ICカード (実働約4日)

見たこともない海外製のマイコンを使った機器の、ソフトウェアを開発する案件です。この機器は、ネットワークや、非接触ICカードを扱います。

  1. メールでご相談いただき、会って打合せをしました。口頭で、大体のお見積もりを伝えました。開発に使うハードウェアをお借りしました。
  2. こちらでマニュアルなどを確認し、できると判断しました。
  3. メールで、正式なお見積もりを出し、受注しました。
  4. こちらでソフトウェアを開発しました。新しい機器なのでいくつか問題がありましたが、すべて回避しました。
  5. こちらでテスト用の通信プログラムを作り、この機器との通信をテストしました。
  6. インターネットで仮納品しました。
  7. 動作を確認していただきました。
  8. 宅配便でCD-Rを納品し、開発に使ったハードウェアをお返ししました。

携帯アプリ開発、画像認識 (実働約10日)

いわゆる携帯アプリの開発です。カメラで撮影すると、その画像をアプリが分析し、画像に応じた動作をします。

  1. 別の案件で会って打合せしたときに、ご相談いただきました。口頭で、大体のお見積もりを伝えました。
  2. こちらで、まずphpで原理の確認をしました。
  3. こちらで、携帯アプリ版の開発をおこないました。
  4. こちらで、手元の携帯電話を使って動作を確認しました。
  5. インターネットで納品し、動作を確認していただきました。


もっと知りたい方へ ━━━━

12のお見積もりサンプルこちらにご用意しています。
自動お見積もり(β版)もご利用いただけます。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (平日10:00-18:00) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2016