お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります)
ハード・ソフト・ウェブシステム開発(試作〜小ロット)が得意な、独立10年、経験35年の個人エンジニア。きもと特急電子設計。

 

扱える技術・実績 : 一覧

お問い合わせ(無料相談)

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります。移動・打ち合わせで留守電になることがありますので、折り返せるよう、ご伝言いただけると助かります。)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org
  • お問い合わせフォーム

お困りのことがありましたら、ぜひ一度お電話ください。無料相談をご利用いただくと、これだけのメリットがあります。

  • ご相談いただいた方に『今月のご相談事例集(非売品、無料)』をお届けします。なお、ご相談内容の詳細はわからないように改変していますので、ご了承ください。
  • 大体の費用と納期をその場で口頭で回答します。
  • お客様のプロジェクトで、よく注意した方がいい点があれば、それをご説明します。これにより、プロジェクトの落とし穴を避けることができます。
  • もし木元がお客様の立場だったら、どんな選択肢を考えるかをお話します。たとえ予算も納期もなくても、切り抜ける手があればご説明します。
  • 遠方の方でも、実績は多数ありますので、安心してご相談ください。
  • もちろん無料相談だけでも構いません。
  • 自分で言うのは恥ずかしいのですが、これまでのお客様には「すごくアイディアを出してくれる」「親身になって相談していただける」「多方面からの知見をくれる」といった評価をいただいています。トップページにあるお客様インタビューのPDFをご覧ください。

ご相談は、メール等でも構いませんが、やはり電話(フリーダイヤル)がスムースです。お客様にリスクはありませんので、ぜひ今すぐお電話ください。


   

基板設計・実装。 ━━━━

基板で優先しているのは、コスト、信頼性、手戻りの少なさです。特にきもと特急電子設計では「どんな理由でも100%返金保証」をおこなっていますが、プリント基板は外注になりますから、持ち出しリスクがあります。そこでどうしているのかを具体的にご説明します。

基板は、小規模な試作であれば、ユニバーサル基板を使って自分で作ります。当たり前のようですが、これができずに全部外注という会社さんは少なくありません。

ユニバーサル基板で間に合わないものや、お客様の側で製造できる必要のあるものについては、自分で専用基板を設計します。というのは、マイコンの配線はソフトウェアしだいで変えられることが多いため、自分でソフトウェア開発と基板設計の両方をおこなうことで、基板に無理のない配線を実現しやすくなるからです。。

4層以上の基板は、生産性の高いツールを持っている会社に外注します。この場合でも、検図はこちらでおこないます。

検図の方法は、図面とデータシート(部品の説明書)のピン配置図を拡大して印刷し、赤ペンで1つ1つチェックしていくというものです。4kモニタがあっても、紙の方が間違いがないため、こうしています。

ちなみにできるだけ自分で設計・製造するのは、回路を設計した人が動作確認もしないうちから他の人の手を煩わせるのは好みではないというのもあります。自分で設計した回路に間違いがあったら、無駄な基板を作るのは労力を費やすのは、できるだけ自分一人にとどめたいということです。

なお、きもと特急電子設計では、設計データはすべてお客様にお渡ししており、ロイヤリティなどは設定しておりません。個人でやっていますが、そういったリスクを心配していただく必要はありません。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2018