お問い合わせ: フリーダイヤル 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります)
44歳のエンジニアが責任を持って、仕様作成からハード・ソフトの設計→試作→少量生産まで。100%返金保証のきもと特急電子設計。

 

扱える技術・実績 : 一覧

お問い合わせ(無料相談)

  • フリーダイヤル 0120-220-447
    (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります。移動・打ち合わせで留守電になることがありますので、折り返せるよう、ご伝言いただけると助かります。)
  • 〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-5-16 渋谷3丁目スクエアビル2F
    (アポをとってからお越しください)
  • post@business.pa-i.org
  • お問い合わせフォーム

お困りのことがありましたら、ぜひ一度お電話ください。無料相談をご利用いただくと、これだけのメリットがあります。

  • ご相談いただいた方に『今月のご相談事例集(非売品、無料)』をお届けします。なお、ご相談内容の詳細はわからないように改変していますので、ご了承ください。
  • 大体の費用と納期をその場で口頭で回答します。
  • お客様のプロジェクトで、よく注意した方がいい点があれば、それをご説明します。これにより、プロジェクトの落とし穴を避けることができます。
  • もし木元がお客様の立場だったら、どんな選択肢を考えるかをお話します。たとえ予算も納期もなくても、切り抜ける手があればご説明します。
  • 遠方の方でも、実績は多数ありますので、安心してご相談ください。
  • もちろん無料相談だけでも構いません。
  • 自分で言うのは恥ずかしいのですが、これまでのお客様には「すごくアイディアを出してくれる」「親身になって相談していただける」「多方面からの知見をくれる」といった評価をいただいています。トップページにあるお客様インタビューのPDFをご覧ください。

ご相談は、メール等でも構いませんが、やはり電話(フリーダイヤル)がスムースです。お客様にリスクはありませんので、ぜひ今すぐお電話ください。


   

通信プロトコル設計。 ━━━━

通信プロトコルでいちばん大事なのは、異常な状態からの回復です。もう一つ難易度が高いのは、電池を長持ちさせることです。

通信の種類によりますが、エラーによってデータが化けたり、そこまでいかなくてもデータが欠落する可能性はあります。ですから、このようなデータ異常が発生した場合でも、異常な状態になったり、正しい状態に戻れなくなったりしないように設計することが重要です。

例えば「データを送ったら、相手から応答を返し、もし応答がなかったらもう一度送る」という通信プロトコルには、トラブルの芽がいくつも隠れています。応答が返るまで次のデータを送れないのか、応答と、相手からのデータをきちんと区別できるのか、もし相手が(RaspberryPiなどのように)すぐに応答できるとは限らない場合に再送がかかってしまい、以降のデータが1つずつズレてしまったりしないのか、などが思いつきます。

電池を長持ちさせるという点については、有線通信の場合と無線通信の場合とがあります。

有線通信の場合は、通信によって相手の待機状態(消費電力を抑えるためマイコンが止まっている状態)を解除できるように設計すると、通信がないときに待機状態に入ることができます。これによって、電池を長持ちさせることができます。

無線通信の場合は、通信を待っている(受信機がオンになっている)だけで電池を消費します。そこで、コンセントからの電気をもらっている側は電気を消費しても構わないので受信状態にしておき、電池で動かす側が送信することでプロトコルがスタートするように作ります。こうすると、電池で動かす側は、何もないときは受信機をオフにしておけるため、電池を長持ちさせることができます。

正直申し上げて、通信プロトコルはいろいろなことを考える必要がありますし、途中で修正する場合は送信側と受信側の両方をアップグレードする必要がありますから、修正の手間や不具合が入るリスクも大きくなります。もし慣れない方が独自のプロトコルを作られる場合は、(きもと特急電子設計でなくてもいいので)詳しい人にレビューしてもらうことをおすすめします。


 
  お問い合わせ: 0120-220-447 (無料、平日10-18時、休日・時間外は 070-6477-2498 で出られる場合があります) post@business.pa-i.org
Copyright © KIMOTO Mineyuki 2007-2018